メイプルの日記とリアルで制作している自作ゲームの制作過程を書いていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
とりやえずサウンド関連は終了しました

一つ一つ試すだけなら
すぐ終わったのですが
せっかくなのでサウンドエディタを作ってみることにしました

やることは簡単
DirectXで用意されているエフェクト9種類を
キー入力によって選択し
サウンド再生時にそれにあった効果を付け加えるというもの

Image035.png
Image036.png

とりやえずサウンド面はこれで終わりかな
もう時間遅いのでデモプレイは寝てからやります
スポンサーサイト
2011.10.06 / Top↑
メイプルと同様こっちも全然時間が取れなくて
ほとんど進展ない状態です(* _ω_)...
もう少し職場に慣れて余裕ができるといいのですが…

といいつつも今日は仕事の合間合間に
DirectXのライブラリについて調べてみました
せっかく用意されてるのに使わないのは
もったいないですからね

調べてみたはいいのですが
簡単に使えそうなメソッドもあれば
ちゃんと解読しないと使えなさそうなものまで様々

今回はその中でも簡単そうだった
エフェクトを使用した音楽再生というものに
注目してみました

参考ページ
http://toruweb.web.fc2.com/

このサイトを見る感じだと
サウンドにエコーをかけたり
コーラスさせたりできるみたいですね

ホラーゲームを作る以上
サウンドは重要視されてくるところなので
今のうちに実装してみたいと思います

後は今後使うであろう
デモプレイの作成

最初はDirectXのライブラリを使って
動画ファイルを再生すればいいかと思ったのですが

調べていくうちにいいやり方があったので
この方法でやってみることにします

参考サイト
http://www.c3.club.kyutech.ac.jp/gamewiki/

ここでは動画ファイルを再生するのではなく
ワークにキー情報を登録させていくもの

動画を再生するのと違って
メモリを圧迫しなくて済むというのが大きな利点
修正できないのが欠点ですが
そこは気にしない!!

デモが作れればとりやえずOKですb

とりやえずまだプログラミングは出来ていないので
近々実装させたらまた日記更新しておきます
2011.10.06 / Top↑
あんまネタない時のメイプル記事より
こっちの方が割と反応よかったです・ω・

今日の授業は
制作できる授業じゃなかったのですが…

学校でやる授業はほとんどPCを使うんですよ
何やっててもまぁバレやしない
いざとなれば最小化しちゃえばいいですからね(ぁ

ってことで授業まともに受けずに
ずっと制作

今日は
引き続きマップエディタを作ってました

一限がPC出せない授業だったので
ノートにどういう構成で作っていくかを書きだして
ノート

次の授業からバシバシ打ち込み
とりやえずドアと壁さえ作れれば
マップらしくはなるかなって思ったので
まずはそこから

前にメタセコイアで作ったドアのモデルと
その色を半透明にしたもの2つを作って
こんな感じに

ゲーム02

これをキー操作で移動させてエンター押すと
実体が生まれる

ゲーム03

ドアの実体には近くでクリックすると開け閉めができるという機能を
つけてあるのでこの時点で操作も可能に

後はたくさん配置すればOK
回転もできるようにしておきました

ゲーム04

同じ要領で
壁の処理も打ち込み

まずは左上のメニューにある
作成物をドアから壁に変更させて
作りたい場所を選んで…

ゲーム05

実体を作る

ゲーム06

まだ壁の奥には行けない処理を入れてないので
すり抜ける壁になってます(* _ω_)...

処理自体は前に作ってあるので
それをコピペすれば問題なし

後はプログラム終了時に
テキストファイルにオブジェクトのステータスを
書き込んでおけるようにしてみました
エディタなのにこの機能なかったら意味がないですからね…

とりやえず今日の成果はこんな感じ
次は仮の敵とアイテムのモデルを作って
それらも作れるようにしておきます

後ホラーの演出がうまいと思った参考動画
電車のとこです
これを参考にしたビックリイベント作りたいです・ω・


2011.09.30 / Top↑
日記とかぶるかもだけど
普段学校で制作しているゲームの制作過程を
ぼちぼち記事にしていこうかと

タイトルはすべて『ゲーム制作○○』でやっていくので
興味のない人はスルーしてもらって構わないです

さてさて第一回ですが
現状どんなことをやっているのか
簡単にまとめ

・開発環境 : Microsoft Visual Stdio2008
・言語   : C++

・3Dモデルはメタセコイアを使用して自作
・画像は自分で書いたりフリーから拾ったり
・音楽はフリー素材から引っ張る

ざっとなので
知りたい情報あればコメください
教えられる程度であれば教えます

制作物の実行ファイルは
まだ未完成なので特に配布なし
ある程度できたら考えます
ほしい人がいればだけれども…

今回は特にジャンル指定なかったので
自分の好きなホラーゲーム作ってみようかと考えてます

好きなもの作ってるときが一番効率よくなるので( ̄ー ̄)
とはいっても絵書けないし
ましてや3Dモデルで幽霊なんて…
ぐちゃぐちゃすぎてある意味怖くなるかもですが(笑

とりやえずそういうオブジェクト関連は
後回しにして先にプログラム制作

ホラーゲームというと肝心なのが
仕掛けとマップ構成

とりやえずマップができないことには
何もできないので
まずはマップエディタを制作してます

壁・ドア・幽霊をどこに配置するだとかを
簡単に操作出来きるものを作れば
ステージもたくさん作れるし
修正も簡単にできるとなると
後々がすごい楽になる

現状は

マウスの2D座標を3D座標に変換して
その座標に向けてスポットライトを当てる処理
近くでクリックすると開くドアの処理
一瞬だけ幽霊の顔が出る処理
FPSのカメラワーク

が終わってて

マップエディタ用のステータス表示を作成中

ゲーム01

まだからっぽ(* _ω_)...
2011.09.29 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。